ダンジブログ

仕事は週4が限界

ウーバーイーツの配達員を1年やってみた感想

僕はウーバーイーツで副業を始めて、かれこれ1年以上経ちました。

自転車で配達しており、配達件数は1000件を超えたくらいです。

最初の数カ月は本業とウーバーイーツで休み無しという生活を送っていました。

今は週1~2日程度まで減りました。

1年配達してみて色々と思ったことなんかを書いてみようと思います。

 

f:id:kdang:20200201130502p:plain

 

目次

 

 

f:id:kdang:20200201155224p:plain

始めた当初は色々とありました

僕は福岡にウーバーイーツが進出したタイミングで始めました。

スタートした当初はまだ配達員も少なく、街でもすれ違うことがないくらいでした。

そのため最初の頃は配達依頼が鳴りっぱなしという状態でした。噂に聞いていたウーバーイーツが福岡に来たとあって、お客さんも興味津々だったんでしょう。

さらにアプリで登録すると初回1000円無料で、当初配達料も無料というお得感もあったと思います。

 

また物珍しさからウーバーのバッグを見て色々な人に話しかけられることが多かったです。

街中の公園で休憩しているとよく外国人に話しかけられることもありました。

1番最初の配達先は某ドラッグストアの営業所で、依頼者の会社員に記念写真を頼まれました。なぜか会社員数名に囲まれて、ちょっとした有名人みないな(笑)

 

アプリのエラーなんかのトラブルも多く、何故か配達OKしていないのに注文を受けていたこともあります。

お客さんが配達先を自宅ではなく会社の方にしてしまい、わざわざサービスで配達先以外の所まで配達してあげたこともありました。

 

特に最初はGPSで注文依頼するお客さんが多くいました。

ウーバーイーツアプリのGPSがかなり不正確なため、大体50m前後位置がずれることがよくあり全然違う家に住所ピンが立っていて、配達できないトラブルも多くありました。

今なら怪しそうな場所だとすぐに連絡して対処できるのですが、当初はかなり困惑して時間が掛かった覚えがあります。

 

最初のひと月で10万円を超えた

オープン特需で最初の1カ月は配達報酬も1件600円~800円とかなり高く、クエスト(ノルマ給)も高かったので時給換算で2000円を常に超えていました。

エストというのは、一定期間に達成した配達件数に応じて別途報酬がもらえる仕組みです。10件配達で1000円とかですね。

今思えばまだアプリにも慣れてなくて要領が悪く、配達にも時間が掛かっていたんですがかなり割のいい仕事でした。

 

 年末の時期に始まったこともあり、本業もそれなりに忙しくウーバーイーツは週2日と平日の夜数時間くらいでした。それでも月収は10万を超えていました。

おそらくウーバーイーツ専業にすれば30万は稼げてたと思います。

僕も一瞬本業を辞めようかと思ったこともあります。今は辞めなくてよかったと思っています。そんなに稼げなくなってきているからです。

 

色々な場所に配達しました

ウーバーイーツを始めてよかったと思うところは、普段は入れないような高級マンションを見れることです。

特に当初は富裕層からの依頼が多く、配達先はもれなく上層階でした。

最新の高級マンションを中から見れることはあまりないのですごく楽しかったです。

上層階からの街の眺めは最高でしたし、内装もおしゃれですごく興味深かったです。

1階エントランスホールにはゆったりとしたソファーがあり、コンシェルジュがいるマンションもありました。

逆に変わったところの配達も多く、ラブホテルや風俗店だったり、花見の時期には舞鶴公園に配達したこともあります。

ウーバーイーツはほとんどがマンションかアパートへの配達で、やはりスマホを使いこなす若い人が多い印象です。

また女性客の利用者が6~7割と多いです。

夜間に出歩くのが怖いとか、化粧するのが面倒などの理由があるんだと思います。

 

配達料の改悪が始まりました

最初の数カ月は楽しく配達してお金も稼げていたのですが、始まって3~4か月した頃になって徐々に配達料の改悪が始まりました。

配達距離に応じたブースト報酬が下げられたり、クエストの報酬があまり付かなくなったりしました。

以前と同じように配達しても前ほど稼げなくなったのです。

また、配達員も増えてきたこともあり注文依頼自体が減ってきました。

需要に供給が追い付いたということもあるでしょう。

平日では時給換算も1000円を切ることが多くなりました。

そうなってくると、僕は暑い日やあまり乗り気じゃない日なんかはウーバーイーツに行かなくなってきました。

8月にはほとんど稼働しないようになりました。

秋ごろからまた始めましたが、だいぶ配達員が増えた印象です。

ただ配達エリアが広がり登録しているお店が増えてきたため、新たな利用者を獲得してまた注文が増え始めました。

一般層のなかにも、ある程度ウーバーイーツが認知されてきたのもあるかもしれません。

特にファミリーマンションで注文が増えている感じです。

 

隙間時間やダイエット目的でやるには最適なバイト

最近はお金はあまり気にせずに、運動目的でウーバーイーツをやるようになりました。

自転車漕いで報酬としてお金が貰える、考えようによっては一石二鳥です。

アプリをオンラインにすればいつでもできるので、隙間時間にやるのには本当に最適なバイトといえます。

嫌な上司もおらず、ただ一人で配達するだけなので煩わしいこともありません。

ランチタイムだけ働けば、普通のバイトより割のいい仕事です。 

もし今から始める方がいれば、アドバイスとして現金払いは受けたほうがいいです。

なぜなら配達依頼の半数以上が現金払いだからです。

特に学生さんはほぼ現金払いなので、受けないと配達依頼が半分以下になります。

釣銭の用意など多少面倒ですが、1万円ほどあれば十分です。

 

もし今から始めたい方がいれば、僕の招待コードを入力していただければ幸いです。

招待コード RN995N

 

ウーバーイーツは関東(東京・千葉・埼玉・横浜)と名古屋、関西(京都・大阪・神戸)、広島に福岡で展開しておりどちらで登録しても構いません。

副業で働いてみたい方は是非やってみてください。

 

登録はまずネットから行います↓

www.uber.com

 

個人的にも、会社のランチでたまにウーバーイーツを利用しています。

もしウーバーイーツを頼んだことがなければ、2回まで750円引きになるクーポンがありますのでアプリ登録する際にご利用ください。

紹介コード eats-o6dqbw

 

ウーバーイーツで必要なグッズ紹介

まず必須なのがスマホホルダーです。

これがないと多分事故ります。確実に。

普段僕が使っているのはこちらの商品です。

自転車のハンドルに付ける着脱式のホルダーで、雨の日でもズレずに重宝しています。

色々なスマホホルダーを使ってきましたが、これが一番丈夫です。

値段も安くお手頃です。

 

 

自転車のカギはU字ロックがおすすめです。

お店でのピックアップと配達先で毎回カギを掛けるため、カギを掛けるのが面倒になります。

そのため軽くて丈夫なカギを選んだほうが楽です。

パナソニックのU字ロックは軽くて丈夫で、しかもシリコンカバーなので車体も傷つけません。配達時も重くないので、負担になりません。

 

 

雨の日なんかはクエストが出たり、ブーストがつきます。

配達依頼も多いため、かなり効率よく稼げます。

そんなときレインウェアは必須です。

体温の低下を防げますし、メンタル的にもだいぶ違います。

 

 

以上僕がウーバーイーツをやってみた感想です。

今後もマイペースで続けていきたいなと思っています。

ただウーバーイーツが赤字だとTwitterで目にしたことがあるため、今後もまだ続いてくれればと切に願っています。