k dang’s blog

平凡が一番

気がついたら身の回りがユニクロになっていた

最近ふと気が付いた。

会社に出勤する時の服が、靴とジャケット以外すべてユニクロだった。

しかも今ユニクロのシームレスジャケットを買おうか考えている。

 

全く気が付かない間にもう取り込まれていたんだな。

下着やカッターシャツ、ベルトに靴下まで完全に・・。

 

私服もGU率が高い。

 

やはりコスパがちょうどいいんだろう。

安い割に生地がしっかりして、丈夫で着やすい。

シンプルで子供からお年寄りまで着こなせるデザインだし。

 

学生のころは古着や裏原系ブランドがブームでよく買っていたものだ。

古着のニットやトレーナー、ネルシャツに7~8千円だしたり。

ブランドのロゴが入っているだけで6~7千円のTシャツ買ったりしてた。

サイズもXLかLサイズで、常に大きめが流行で今ではまったく着れない。

 

時代と共に流行も変わるから、お金をかけて買っても数年後には着れなくなっている。

ユニクロなら流行が変われば、安いから数年で捨てても元を取れる気がする。

もともと無地のシャツやジーンズなどオーソドックスな商品が多いから、長く着られるものも多い。

 

正直今の若い子に流行っている80年代風なファッションにはなんか抵抗があるし。

H&MやFOREVER21もなんか若い子向けで少し着にくい。

 

そういえば今秋ユニクロがH&Mの本拠地スウェーデンに北欧1号店を出店するという記事を見た。

世界のファストファッション界で1位のZARAを追い抜くべく、着々と世界展開していっているなと感じた今日この頃です。